ロゴ

面接のマナーは退室するまで意識するのが大切

新着情報

音大に進学する人は要チェック!

音楽

音楽家になるために【武蔵野音楽大学について詳しく知ろう】

武蔵野音楽大学の学校説明会や費用について知っておくと、学校選びの参考になるかもしれません。新しく設立された学科についても説明しているので、興味のある方はご覧ください。

READ MORE
女子学生

面接で好印象をもってもらう【気を付けたいマナー】

受験に勝つためには面接での第一印象がとても大切です。面接で必要なマナーを勉強して、失礼のないようにしておきましょう。対策しやすいよう、よく聞かれる質問も紹介しています。

READ MORE
ピアノ

武蔵野音楽大学の教育理念を把握しておこう

武蔵野音楽大学への入学を検討し始めた人、どんな学校なのか興味がある人のために、教育理念をお伝えしています。それぞれの学科の特徴も合わせて見ておくといいでしょう。

READ MORE

面接の形式

個人面接

面接官は1~数人に対し、受験者は1人で面接を行う基本的な面接方法です。自分だけしかいないので、周りを気にせず意欲や長所をアピールしやすいですね。面接時間は5~20分くらいが多いでしょう。

集団面接

数人の受験生が同時に面接される方法です。他の人が質問されているとしても、「あなたは?」と話を振られることもあります。関係ないと思わず、他の人の話もしっかり聞いておきましょう。

討論を行う

数人ごとにグループ分けされ、与えられたテーマで討論を行います。意見の内容だけでなく、積極性や協調性などもチェックされています。そのため、主張を論理的に話しながらも、相手の意見も受け入れる態度が必要です。

学力などが問われる面接

口頭試問が面接の中に取り入れられた方法です。そのため、各科目の基礎知識をこたえられるようにしておく必要があります。時事問題を出されることもあるので、幅広く勉強しておきましょう。

複数組み合わせる

学校によっては、面接を数回行うことがあります。個人面接が2回あることもあれば、個人面接のあとに集団面接を行う場合もあります。また、集団面接中に口頭試問が出されることもあるので、気を抜かないようにしましょう。

面接のマナーと面接形式について知っておく

楽器

服装にも気を付ける

面接を受ける際には、マナーだけでなく服装に気を付けることも大切です。学生であれば、指定の制服を着崩したりせずに綺麗に着用しましょう。アイロンが必要なものは事前にかけておき、鞄なども汚れを落とし綺麗にしておきましょう。

退室までが面接です

面接は終了の合図が出たとしても、そこでおわりではありません。席を立って退室するまでの言動も見られています。面接してもらったお礼も述べないまま退室するようでは、失礼な人だと思われてしまうでしょう。

マナースクールに通った人の声

社会人としてのマナーを学べた

そろそろ社会人としてのマナーも身につけておいた方がいいと思ったので、スクールに通ってみました。知らなかったマナーもたくさんあって、知らないうちにマナー違反してたことに気付けたので通ってよかったです。

面接対策として

面接に自信がなかったので、学校で教えてもらう以外にも、マナースクールで勉強しておこうと思いました。わかりやすく教えてくれたので、本番を安心して迎えることができました。

言葉遣いが直った

言葉遣いを直したかったので、レッスンを受けました。正しい敬語を身につけることができたので、面接だけじゃなく今後生活をする上でも役立てることができそうです。

綺麗な振る舞いが身につきました

面接を控えていて、マナーや常識の勉強をしようと思っていました。講師の先生の振る舞いが素敵だったので、どうせなら、と立ち振る舞いについても教えてもらいました。友人にも今までと違うねと褒めてもらえました。