音楽家になるために【武蔵野音楽大学について詳しく知ろう】
ロゴ

武蔵野音楽大学では教育職員免許状が取得可能

世界で活躍する音楽家になろう

演奏家や指揮者、教育者など音楽に携わる仕事は多彩にあります。その道に進むなら、技術や知識を極めたいものですね。音大で今まで以上に専門的に学んで、世界で幅広く活躍する音楽家を目指しましょう。

音楽家になるために【武蔵野音楽大学について詳しく知ろう】

音楽

コミュニケーション能力が得られる

武蔵野音楽大学だけでなく、音大生全般に言えることですが、音大生はコミュニケーション能力が高いです。音大の場合、教師とマンツーマンで授業を受けることもあり、1対1で話さなければいけません。そのため、だんだんコミュニケーション能力が育まれていきます。

学校説明会に行こう

学校説明会では、教育内容や施設、卒業後の進路などについて説明を受けることができます。また、講師陣によるミニコンサートを聞くことができるので、ぜひ参加したいですね。希望を出せば、体験レッスンを受けることも可能です。

楽器のレンタルも可能

音大を目指していても、楽器は高くて買えないという人にはレンタルできるのは嬉しいですね。合奏授業や学科授業で楽器を使う場合は無料で借りることができます。有料の場合もあるので事前に確認しておくといいですね。

初年度の学費

武蔵野音楽大学の入学料は10万円となっていて、授業料は学科やコースによっても異なりますが、17万円前後です。また、施設費・後援会費なども含めると、トータルで220万前後となります。

学科の注目ポイント

科目が多彩にある

専攻コースに応じた科目、時代に沿った自由科目を設立しています。また、所定の単位を学期ごとに与えるセメスター制度を取り入れたことで、より柔軟にカリキュラムが組み立てられるようになっています。

キャリア教育の充実

1・2年次の必修カリキュラムの中にキャリアデザインを設置し、社会に出てから必要な適応能力、積極性を養います。講師には第一線で活躍している人を起用し、夢の実現に向けてのサポート体制がとられています。

教育職員免許状を取得できる

学科・コースに関係なく所定の過程・単位を取得すると教育職員免許状と学芸員の資格を取得できます。また、教育部と連携することにより、小学校教諭の免許取得を目指すことも可能です。

新しい教育システムの導入

音楽総合学科の場合、1年次に「作曲」「音楽教育」「音楽学」「アートマネジメント」の4つのコースを学びます。そこで幅広い知識を勉強し、2年次にはそこから1つに絞って、専門的な学習を行います。